血液中の中性脂肪や悪玉コレステロールを減らすDHAほか豊富な栄養を含むマグロ

脳を活性化するDHA

牛や豚などの肉とマグロをはじめとする魚肉ではそのタンパク質の栄養価は同じですが、一緒に取り込む脂肪に大きな違いがあります。マグロの油にはDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)が豊富に含まれています。

DHAは血液中の中性脂肪やコレステロールを減らし、善玉のHDLコレステロールを増やす働きがあります。また脳の神経機能を高めて、脳の老化を予防する働きもあります。記憶力や学習能力の向上、ボケの予防にも役立つため小さい子供からお年寄りまで積極的に摂取したい栄養の一つとなっています。

EPAは血小板の凝固を防ぐ働きや血栓を溶かす働き、血液中の中性脂肪を減らす働きがあります。血流を促進する働きで、脳血栓や脳梗塞の予防、また脂質異常症や高血圧の改善に役立つとされています。これらの脂質はマグロのトロなどの脂身に多く含まれています。

DHAやEPA以外にもマグロは豊富な栄養を含んでいます。マグロの赤身に含まれている鉄分は貧血の予防、解消の効果があります。またビタミンEには血行を促進し、女性の美肌、肩こり・腰痛などに効果があります。

かつては高血圧、脂質異常症、糖尿病、がんは成人病と呼ばれていましたが、現在はこれらの病気が生活習慣によって発病するので、「生活習慣病」と呼ばれるようになっています。マグロなどの魚食によってこれらの生活習慣病の発病率が下がり、予防効果があることは広く知られています。

魚のタンパク質には血圧の正常化作用があり、高血圧症では腎臓への負担を防ぐために、タンパク質の食べすぎを避ける傾向がありますが、魚のタンパク質はむしろ高血圧の予防によい結果を示しています。

また血合いに豊富に含まれているタウリンは血圧を正常化する働きがあることが知られています。最近の研究でタウリンには貧血予防、肝臓の解毒作用の強化、強心作用、不整脈の改善、血中コレステロールの減少効果、インスリンの分泌促進など様々な機能が報告されています。